page.php
GLOBAL SITE

御用蔵会のこだわり ABOUT GOYOGURAKAI

生命力あふれる野菜を

御用蔵会でお届けする野菜は、農業生産法人 豆太郎で栽培された採れたての有機野菜です。
豆太郎では須賀さんを代表に経験豊かな有機生産者がそれぞれ旬の自慢の有機野菜を栽培しています。一日として同じ日は無い天候や自然環境のもと、知識と経験を持ち寄り協力しながら日々より美味しい有機野菜作りに励んでいます。
自然豊かな埼玉県北西部と群馬県が主な産地になります。
豆太郎の有機野菜はすべて有機JAS認証を取得しています。農薬・化学肥料・除草剤を使用せずに栽培された安全性の確かな有機野菜だから、皮ごと安心して食べられます。

豆太郎のまるごと有機(オーガニック)野菜

JAS

全ての野菜が「有機JAS 認証」を取得している野菜です。

豆太郎代表 須賀さんより

私どもは有機栽培(自然農法)に取組み60年になります。自然の仕組みを学び、自然の摂理に従い自然の保持している“力”を最大限に発揮できるよう努めております。自然の力をじっくり吸収し、作物本来の味わい、生命力をもった作物をお届けできるよう日々努めています。ぜひ、有機栽培の農産物をお試しいただき楽しく、安心・安全・健康な食生活をお過ごし下さい。

自然から学ぶ、
「野菜の生きる力」

「自然の森は肥料もやらないのにどうしてみな健康に育っているのだろう」という疑問からヒントを得た豆太郎の栽培方法は、野菜の生きる力を利用した農業や化学肥料に頼らない有機栽培です。 大地にしっかりと根を張った野菜は、自ら土の中の養分を吸収し、元気いっぱい生命力に溢れた美味しい野菜に育ちます。「土が野菜を育てる」との考えから豆太郎では、土の中の微生物や小動物の生態系の循環を壊さずに出来るだけ自然の状態に近づけ、土の持つ本来の力を引き出す土づくりから取り組んでいます。

須賀さんはこんなことも言っています。

「うちのにんじんは長いことおいてもなかなか腐らないですよ。その代わり、葉っぱを出したり、白いひげ根を出したり土から抜かれた後も生きようとするんです。人間が野菜からもらっているのは、ビタミンとかミネラルといった栄養だけじゃない『生きる力』をもらっているんじゃないか、って気がするんですよ」

旬の美味しさを知って欲しい
だから旬のものだけ

自然の力、野菜本来の生きる力を借りて育てている豆太郎の有機野菜は、皆さんに旬の野菜をご提供することしかできません。「夏には夏野菜を、冬には冬野菜を」というように旬の野菜には、その季節ごとに必要な栄養素が多く含まれていると言われております。他のどんな野菜にも負けない旬の味を自信を持ってお届けします。旬の時季には同じ野菜を続けてお届けすることもありますが「適期適作」の自然の周期に合わせて野菜を栽培しておりますことをご理解いただき、お付き合いいただければ幸いです。

豆太郎 有機野菜セット

豆腐・漬物のこだわり

大豆本来の甘み・旨みが特徴の豆庵のおとうふ

シンプルだからこそ安心・安全にこだわった上質な原料のみを使用し、熟練の技でふくよかな豆の風味を引き出します。化学合成された凝固剤や消泡材は使用せず、職人がその日その日の気温や大豆を浸漬する水温、大豆の大きさなどを長年培ってきた経験と勘で微調整しながら、丹精込めて作っております。

ヤマキ醸造のお漬物は安心の美味しさ

素材本来の美味しさを引き出すため、着色料、保存料などを使用せず、ヤマキ醸造の特製調味料に漬け込んでいます。お漬物の汁は野菜の旨みがたっぷり含まれているので、ぜひ豆太郎のお野菜と一緒にお料理の味付けにご活用ください。

豆庵おとうふ&お漬物セット